プログラミング漫画「コマンド入力でのタイプミスで無限ループに陥った話」

GitBash擬人化の経緯

初心者には慣れるまでなかなか難しいコマンド操作。今回の漫画はGitBashを使用してファイルを操作しようとしていた時の実録エピソードです。

GitBashではコマンド操作の反応(コマンド入力後に返ってくる英文)が割とフレンドリーな調子のため、私も少し気が緩んでいました。

ゴミコ
「are you OK?」みたいなノリの英文が返ってくるんだよね。

こちらのコマンド入力の指示が曖昧だったりすると、GitBash側が気を利かせて「もしかしてこの指示?」のようなニュアンスで確認してくれるのです。

ゴミコ
GitBashさん優しい。

そんな経緯があったので、漫画ではGitBashさんを擬人化してお送りします。

実録漫画「コマンド入力でのタイプミスで無限ループに陥った話」

【漫画制作】タユトヨ氏【原案】ゴミコ

無限ループに陥った経緯

GitBashさんから「こっちの指示のこと?」的な問いが提示されたためコマンド入力で「YES」と入力したところ「Y」の吐き出しが開始されました。コマンドで「YES」は入力してはいけないワードだったのでしょうか。

エラーの再現はもう怖くて出来ないので、なぜ無限ループに陥ったのかは謎のままです。無限ループはGitBashさんの強制終了で事なきを得ましたが、ごめんなさいGitBAshさん。反省しています。

コマンドはチュートリアルやマニュアルを参照しつつ入力しよう

今回の件で、コマンド入力1つで予想外の事態に陥ることがある…という事を身をもって体験しました。強制終了で無限ループは抜けたものの、もしかしたらプログラム自体が壊れることもあるかもしれない。コマンドプロンプトの操作は慎重に行いたいと思います。

関連記事

タユトヨ氏twitter

漫画作成者タユトヨ氏のTwitterアカウントはコチラ

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村