自主学習1-7「HTML学習でつまずいた箇所」

レッスン1回目からここまでの自主学習の経過で、超初心者である私がつまづいた箇所を復習の意味を込めて書き出しておこうと思います。

HTMLでの初歩的なつまづき箇所

タグの閉め忘れ・コードの記述方法

タグの閉め忘れに気づかず「私の記述に間違いはないのに!何故ページに反映されないのか!(怒)」と、無駄に怒りの感情を放出させていました。完全に己のせい。

これは記述方法が素人の我流だったことがミスの原因です。解決方法はタグの開始と終了を同じインデント(字下げ)で揃えること。特に入れ子構造の際はインデントも深く下げていかないと、何が何だかわからなくなってしまうので気を付けましょう。コードの記述は見やすさが命。

関連記事

@(アットマーク)や /(スラッシュ)などの特殊記号の記述方法

WEBページでこれら特殊記号を表示させるには、@は「@」/ は「/」と、文字参照コードで記述しなければwebページには表示されません。

特殊文字リファレンス

参考:HTMLクイックリファレンス

ラジオボタンのチェックできる個数を1つに限定する方法

ラジオボタンの回答を1つに限定させたい場合、imputタグのプロパティである「name」を統一しておかないとWEBページ上で複数の選択肢にチェックが入る状態になってしまいます。私は性別を問うラジオボタンで複数の選択肢にチェックが入れられる状態になっていました。

radioボタン良い記述例
radioボタン悪い記述例
ゴミコ
全部のボタンにチェックが入ってしまう…。
そして選び直すこともできない…!

テキストエリア内に文字を表示させる方法

textareaタグを使用してエリア内に予め文字を表示させたい場合、開始タグと終了タグの間に表示させたい文字以外の余計な空白が存在すると、WEBページ上でも空白が表示されます。エリアの先頭に空白が入っていた場合、「表示させたい文字が見当たらない!」といった事態に陥りますので、開始タグと終了タグの間には余計な空白が入らないよう注意しましょう。

textareaタグ良い記述例
textareaタグ悪い記述例
ゴミコ
余計な空白のせいで「自由にコメントください」が見えなくなってしまう…。

学習はトライアンドエラーの繰り返し

以上が、解決までかなりの時間を要した問題たちです。他にもたくさんの「なんで!どうして!!私の何がいけないの!!!」と混乱する場面は多々ありました。トライアンドエラーの繰り返しですが、引き続き自主学習を続けていきたいと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

次回の記事

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村